長谷部浩ホームページ

長谷部浩ホームページ

2018年5月12日土曜日

【劇評107】豊潤にして澄み渡る心境。菊五郎の弁天小僧

歌舞伎劇評 平成三十年五月 歌舞伎座夜の部

五月團菊祭の歌舞伎座。夜の部は、菊五郎の世話物極め付きというべき『弁天娘女男白浪』が出た。
昭和四十年六月、東横ホールで初めて演じてから、五十年あまりの歳月が過ぎた。今回は満を持して、「浜松屋」と「稲瀬川」だけではなく、菊五郎自身が「立腹」で立廻りを見せ、滑川土橋の場まで半通ししたところにも並々ならぬ意欲を感じた。
五代目菊五郎が初演し、六代目、七代目梅幸、当代と続き、また現・菊之助も襲名以来重ねて演じてきた狂言である。音羽屋菊五郎家の家の藝の代表というべき作品である。菊五郎は、豊潤な色気を失わず、不良の魅力を発散している。しかも、春の澄んだ空と通じるようなむなしさ、悲しみさえ感じさせた。
まず、「浜松屋」では、「見顕し」にすぐれている。作為はほとんど感じさせず、嫁入り前の武家の娘から、稚児上がりの小悪党まですらりと変わっておもしろい。「稲瀬川」では、当然のことながら海老蔵の日本駄右衛門を圧する気迫がある。さらに「立腹」では、立廻りの手は短くなっているものの生きることの懸命さをすっと手放してしまった悪党の心がよく伝わってきた。松也の鳶頭、種之助の宗之助、寺嶋眞秀の丁稚長松を見ていると、世代が確実に交替しつつ、菊五郎劇団のDNAが受け継がれていくのを感じた。
團蔵の幸兵衛、橘太郎の番頭、市蔵の狼の悪次郎、梅玉の藤綱。
続いて久しぶりに『菊畑』が出た。
松緑の智恵内、團蔵の法眼、児太郎の皆鶴姫、時蔵の虎蔵。それぞれの心の葛藤を、義太夫に乗せて芝居にしなければならぬ至難な狂言を次ぎに繋げるために健闘している。時蔵は先月から大変な活躍振りで、立女形としての実力を東都に知らしめている。ただし、色若衆となると、出では女方の色が強く違和感を感じさせた。後半はさすがの実力で若衆ならではの身のこなしを見せつける。
いずれは『六歌仙容彩』の通しが期待される菊之助。女方舞踊だけではなく、立役の舞踊も、勘三郎、三津五郎なきあとは、この人が規矩正しく継承していくのだろう。その試金石となるのが、今月の『喜撰』と六月の『文屋』である。
『喜撰』についていえば、茶屋の女にのぼせた高僧ではあるけれど、品格を決して失わないところがいい。ちょぼくれ、ワリミも軽やかにこなしている。ただ、こうした演目は、技巧の確かさを消していくことが必須となる。それには回数を踊って、自然体を獲得する過程を経なければならない。千穐楽近くにもう一度観てみたいと思わされた。二十六日まで。

2018年5月11日金曜日

【劇評106】海老蔵の新しい革袋

歌舞伎劇評 平成三十年五月 歌舞伎座昼の部

新しい酒は新しい革袋に盛れ。
『新約聖書』マタイ伝第九章にある一節だが、近年の海老蔵による歌舞伎十八番を踏まえた創作を見るとそんな言葉が浮かんでくる。
古典を単に新しい演出で模様替えをするのではない。古典を「新しい酒」として見つめ直す。それに見合った演出、演技、ついには型を作り上げようとする。そう簡単に結果がでるはずもないが、何度も上演を繰り返すうちに、説得力を持った舞台が出来つつあるのを感じている。
さて、五月團菊祭に選んだのは、『通し狂言 雷神不動北山櫻』である。パネルを使った口上によって、これから海老蔵が演じ分ける役柄をまず説明してしまう。沢潟屋ゆずりのやり方で、役を兼ねる歌舞伎の演出になれない観客にも通じる舞台を作ろうとしている。
序幕は、早雲王子(海老蔵)が帝位を狙う大きな枠組みの提示となる。
続いて『毛抜』の粂寺弾正(海老蔵)、三番目は『鳴神』の鳴神上人(海老蔵)、さらに大詰は早雲王子の立廻りを見せる。最後に『不動』となって不動明王(海老蔵)が地から離れ浮遊する趣向となっている。
もとより、『毛抜』『鳴神』は、すでに古典としての型が確立している。海老蔵も何度も手がけているから、破綻はない。粂寺弾正の持ついたずらな滑稽味、鳴神上人が雲の絶間姫(菊之助)の色香に惑わされていく人間くささ、いずれも野性が舞台全体を覆っていた時期と比べると、歌舞伎役者としての成熟が確かに感じられる。
『毛抜』では、雀右衛門の腰元巻絹がすぐれている。役者としての落ち着きがあって、はじめて粂寺弾正との戯れにおかしみが生まれる。
『鳴神』は菊之助の雲の絶間姫が亡き團十郎の相手役を勤めた名古屋御園座の舞台からずいぶん成長した。もっとも、規矩正しい鳴神上人と対峙した経験が、今になって生きたのだろう。勅命を帯びて誘惑を仕組む雲の絶間姫の深い思い。あえていえば権力を笠に着るのではなく、鳴神上人を墜落させる役割を負ったことへの悲しみが出た。
打ち出しは、時蔵の『女伊達』。先月に続いて「時蔵祭り」と呼びたくなるほどの大役続きだが、ここでも種之助、橋之助を相手に達者な女伊達を見せる。女の魅力がほとばしりつつも、強くたくましい。助六を真似るくだりも稚気がほのみえた。二十六日まで。